なぜ親子で楽しむ玩具は通信販売なのか?その理由はこれです

>

夢中になる理由ってなんでしょう

知育玩具の実例としてのロンポス

ロンポスという台湾生まれの知育玩具があります。
小さいパーツと難易度が高いことから、8歳以上が対象なパズルゲームです。
8年間かけて研究開発されただけあり、子どもが楽しく学べます。
特徴は平面的に、立体的に遊べますから、空間概念の発達に役立ちます。
難易度から最初は親御さんの手助けがあるといいかもしれません。
思考力、集中力、潜在能力を活性化させるので、子どもだけでなく大人も嵌る面白さです。
ただし、こちらの商品は台湾製ということもあり、通信販売の方が入手しやすいようです。
ほかにも様々な知育玩具を含めた玩具は、通信販売で購入できることが多いようです。
外国製ならでは発想で、ちょっと知らない好奇心を満たす点でも、ニーズが高まっているようです。

通信販売の魅力

通信販売の魅力は、インターネットが使える場所なら、自宅や外出先でも購入がしやすい点にあると思います。
子育てや仕事に忙しいご両親にとっても、こういう環境で手っ取り早く購入できる点はメリットが大きいようです。
また、基本的に、衣類や食品はサイズ違いや衛生面での不安を完全に払拭することは困難ですが、玩具にはこのような心配もありません。
先に述べた知育玩具は日本製にはない独自の発想をもった商品も多数存在しますので、逆に日本国内で入手がしづらいものもあるかもしれません。
子どもと遊ぶ玩具を突き詰めると、ひとつのベクトルとして知育玩具への関心と、入手方法や多忙な毎日の限られた状況に、通信販売は魅力ある選択になるということでしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる